古もの家具や器、小物などを扱う古道具屋です。近況、最新情報をお知らせします。


by onsa-brother

ムーンライトキャバレー

お客さんで仲良くさせていただいている男の子が仲間と企画して、芸達者達を呼んでかつてのキャバレー跡(ほぼその当時の感じを今に残しているようだ)で、「ムーンライトキャバレー」たらいうのをやると聞いて出かけてきた。
そこで展開されためくるめくキャバレーナイトはなかなかの迫力で、すっかり楽しんでしまった。

それと同時にとてもいいなと思ったことには、企画運営(本業ではなくて)をした彼らと取り巻く人たちがみな魅力的で、今回のような企画を通じて軽やかに繋がっていることだ。

他県からこの近くの島に移り住み食堂を営む青年や、ウォーホールやバスキアが好きで突如絵を描き始めた絵描きの青年、OLをしながら休みの日にさまざまな処に出現して、おもしろくてやさしい味のパンを売る女の子や、そんな若者たちだ。

何かそれらのことをやろうと思ったら、大変なことや面倒なことや厄介なことがきっとあるに違いない筈で、にもかかわらず、そんなことは微塵も感じさせず、軽やかに清々しく、とても楽しんでいるように見える。
感心もし、彼らからそういう刺激を受け続けたいとも思い、わたしもがんばろうと思う。
[PR]
# by onsa-brother | 2013-09-16 13:04 | ・雑記

邪宗門

「現代日本詩選」 アルス刊 大正十四年発行。
編者の1人は北原白秋。
北原白秋といえば、処女詩集「邪宗門」(読んだことないけど。)。
邪宗門といえば、かつてボヘミアンカフェよろしく、ひとり気取ってよく通った東京は国立の珈琲屋「邪宗門」。
いま思えば古道具屋になったのも、そこの店内においてあったものの影響があったような気がする。
ひとり連想ゲーム。

この本は、一回読ませてもらってから商品にしようかしらん。(ごめんなさい。)

sold out
a0315601_19594754.jpg


a0315601_2001332.jpg


a0315601_2021685.jpg


a0315601_2023683.jpg

[PR]
# by onsa-brother | 2013-09-14 20:04 | ・商品

小さなカエル

サイドテーブルの直しをしていたら、そのテーブルに空いた穴からひょっこりと出てきた。
いわゆるグリコのおまけである。
コレクターでも古いおもちゃに詳しい訳でもないが、小さなカエルのようなその佇まいと目の前に現れたそのシチュエーションについついつまみ上げずにはいられなかった。

a0315601_18541973.jpg


a0315601_18543661.jpg


a0315601_185555.jpg


a0315601_18551673.jpg

[PR]
# by onsa-brother | 2013-09-13 18:56 | ・商品

ランプシェード

ガラスのランプシェード、ソケット部の口が大きく、取り付け金具のいい感じのものが簡単に入らないかもしれない。
写真を撮っていたら光の加減で、闇にぼうっと白く光る夏芙蓉(中上健二の小説に出てくる架空の花)を思い起こした。
シェードとしてだめなら、水鉢なんかで遣ってみるのはどうだろう。

約Φ185×H90 , 口部約Φ148
a0315601_18314739.jpg


a0315601_1832583.jpg


a0315601_18321291.jpg


a0315601_18323535.jpg


a0315601_18324377.jpg

[PR]
# by onsa-brother | 2013-09-12 18:33 | ・商品

またまた碍子(ガイシ)

別段、碍子を集めている訳ではない。
このぽっくりとした感じにやられてしまった、そして色にも。

白:在庫2
チョコレート色:在庫4 → 2 → sold out ありがとうございました。

a0315601_18354477.jpg


a0315601_1836060.jpg

[PR]
# by onsa-brother | 2013-09-11 18:36 | ・商品