古もの家具や器、小物などを扱う古道具屋です。近況、最新情報をお知らせします。


by onsa-brother

<   2014年 06月 ( 25 )   > この月の画像一覧

きょうもいろんなところをうろうろと。
おもえばずっと、あてもなくうろうろとしておるきがします。
まぁそれも、じぶんのしょうにあっているきもするのです。

はてさて、きょうはこんなのができあがってまいりました。
このところの連作となっております100均LEDロウソクのランプシェードです。
ボダムのエスプレッソカップをシェードにしたスタンドです。

100均LEDロウソク装着用BODUMエスプレッソカップのスタンド
sold out ありがとうございました。
W97×D100×H300
BODUMエスプレッソカップ:Φ75×H84
a0315601_20524145.jpg

a0315601_20525513.jpg

a0315601_20530697.jpg

a0315601_20531708.jpg

a0315601_20532513.jpg

a0315601_20533973.jpg

a0315601_20534833.jpg

a0315601_20535770.jpg

a0315601_20540910.jpg

a0315601_20542197.jpg






[PR]
by onsa-brother | 2014-06-30 21:02 | ・商品(works)

かもめのジョナサン

梅雨は何処へ行った?
この辺のお百姓さんたちは困っておるぞ。

さて最近、ばたばたとしておって、投稿ままなりません。
そんな中、40年眠っていた最終章(第4章)を加えた完成版の「かもめのジョナサン」が出版されたことを先日のニュースで知った。

わたしが「かもめのジョナサン」を読んだのは、20年以上前。
当時美大の学生であったわたしの周りには、ちょっとかわった奴らがまだ多くおり、フラワーチルドレンよろしく、ヒッピームーブメントに影響を受けているものもいて(その頃、60's 流行りもあって)、そんなこんなでラム・ダスの「BE HERE NOW」やケルアックの「禅ヒッピー」などを読み漁る中で、読んだものだ。

で、今日は少し時間があったので、「かもめのジョナサン」完成版を購入しに本屋へ出かけた。
ところがどっこい、この本がないのだ。
田舎ではそこそこの大型書店をはしごすること5軒目で、ようやく発見、購入。
ネットで買えばすぐじゃん、時間がもったいないと言われるかも知らんが、わたし、ネットでのショッピングが苦手、且つ本に至っては本屋に行かないと気が済まぬ。
田舎に戻って不自由なことのひとつは、つい立ち寄りたくなる本屋が近くにないこと。
せめてパルコブックセンターのような本屋ができんかな。

そして「かもめのジョナサン」、昔読んだときに購入した本(文庫版)は捨てずにどこかにあるはずで、その本で読んだのは1度きり、読み終わった後の感触はなんとはなしに覚えておるのだが、ストーリーが思い出せない。
感触はよいものであったことには間違いないのだ。(それはいまもその記憶であるから。)

今日購入した完成版で、再び読み、初めて読む「かもめのジョナサン」の読後感は、20数年を経たわたしにとってどんなものとなろう。
だけどしかし、その当時のわたしとしては、リチャード・バックでは、「かもめのジョナサン」より「イリュージョン」に影響を受けておるのだけれど。(これもストーリーを覚えておらぬ、機会を見つけてもう一回読んでみることとしよう。)


a0315601_21094392.jpg






[PR]
by onsa-brother | 2014-06-29 21:21 | ・雑記

病院の硝子容器


病院で使用されていた硝子容器です。
一見コップのように見えるのですが、ようく見ていると、ガラスの厚み、プロポーションなどから、佇まいが容器感を漂わせていて、そこがいいなと思った訳です。
残念なのは、いろいろやっても完全には取れない曇りがあること。

a0315601_20414919.jpg


病院の硝子容器ふたつ
Φ78×H98
左のほうが少し赤みを帯びています。
a0315601_20420804.jpg

a0315601_20422066.jpg


右側のから
a0315601_20500449.jpg

a0315601_20501880.jpg

a0315601_20503639.jpg

a0315601_20505230.jpg

a0315601_20511986.jpg

a0315601_20513299.jpg


左側
a0315601_20524038.jpg

a0315601_20525687.jpg

a0315601_20531312.jpg

a0315601_20533083.jpg

a0315601_20535084.jpg


a0315601_20540222.jpg







[PR]
by onsa-brother | 2014-06-26 20:57 | ・商品

季節

槐(エンジュ)の花が咲いています。

この時期の蛸は美味しくて、梅雨ダコというのだそうな。

父親の畑では、夏の野菜が獲れはじめました。
今度の営業期間中の土日に野菜並びます。
a0315601_18405181.jpg
枇杷はもう終わり頃です。


そんなこんなで、フィッシュマンズの「SEASON」を口ずさんだりしてみる。






[PR]
by onsa-brother | 2014-06-26 18:52 | ・雑記
とても久しぶりにガガガSPを聴きながら、これを書いております。
青い春、青春やなぁ。

100均LEDロウソク装着用硝子漏斗のランプシェード
Φ123×H215(硝子漏斗)×H575
a0315601_22384130.jpg

a0315601_22385129.jpg
残念ながら、硝子漏斗のコンディション、あまり良くありません。
透明度が足りないのです。


a0315601_22390208.jpg

a0315601_22391481.jpg






[PR]
by onsa-brother | 2014-06-24 22:42 | ・商品(works)

枡ふたつ、そして建築

80年代後半から90年代初めにかけて建築科の学生であった者の多くが夢想していたであろう建築のアイデアの幾つかを、2000年代に入って西沢立衛や藤本壮介らが具現化させていった。(いいわるいは別として。)先にやられてしまったと地団駄を踏んだ者も多かろう。しかし、それらは今ではもう既に大衆化、表面だけを多くの設計者や住宅メーカーなどがトレース。
なんてなことをなんで思ったりしたかというと、最近手に入れた枡ふたつ(5合と2合半の)を積んだり重ねたり、並べてみたりしていたから。
かくいう私も、80年代後半、建築を学ぶ学生であって、その頃、スチレンボードやスタイロでさまざまな箱やキューブを作って、その組み合わせを試しては、地と図、領域なんかについてアイデアを膨らませたものだ。

a0315601_22333657.jpg
リカルド・レゴレッタの建築のようではないっすか?


a0315601_22345042.jpg

a0315601_22351436.jpg

a0315601_22354069.jpg

a0315601_22360633.jpg

a0315601_22364060.jpg

a0315601_22371836.jpg

a0315601_22374135.jpg


朱塗りの5合枡  sold out ありがとうございました。
外寸:□142×H76
a0315601_22380382.jpg

a0315601_22382217.jpg

a0315601_22430212.jpg

a0315601_22432532.jpg

a0315601_22435544.jpg


2合半枡  sold out ありがとうございました。
外寸:□116×H65
a0315601_22441716.jpg

a0315601_22444705.jpg

a0315601_22451457.jpg

a0315601_22453484.jpg

a0315601_22455783.jpg






[PR]
by onsa-brother | 2014-06-23 22:54 | ・商品
昨日6/21は、夏至だったのね。
雨で一日中暗ぼったくて、そんなことにも思い至らなかった。

翌日の今日、午後から雨はあがって、7時半の夕焼け。
叔父を病院に見舞った帰りのことだ。

a0315601_23014850.jpg






[PR]
by onsa-brother | 2014-06-22 23:02 | ・風景

雨ニモマケズ

雨が降っております。

昨日、中国人留学生の友人(息子といってもおかしくない程年下なのだけれど。)が学業を終え、まもなく帰国というので、一緒に食事をした。
日本酒なぞを酌み交わしながら、ここ四国で知り合ってからの約2年のことや、あれやこれやをとりとめもなく話した。
実家が裕福な彼は、商才を感じさせつつ、質素でシンプルな一面も持っており、そんな彼が、日本に来て知り、好きになったというもののひとつに、宮沢賢治の「雨ニモマケズ」を挙げた。
それで、ワタシハナリタイの次の頁には、

 南無無辺行菩薩
 南無上行菩薩
 南無多宝如来
 南無妙法蓮華経
 南無釈迦牟尼仏
 南無浄行菩薩
 南無安立行菩薩

が記されていたことを初めて知った。


そして、彼から教えてもらった成語のひとつ、
「浅尝辄止(qian chang zhe zhi)」
深く突き詰めないうちにやめるという意味らしいのだが、彼いわく、実はいい意味でもあると。
片言の中国語と日本語での会話であったが、わたしはそれを、「何でもいいから、とにかくやってみる、だめだったら軽やかに身をひるがえして次に向かおう。」という風に理解した。






[PR]
by onsa-brother | 2014-06-21 21:46 | ・雑記

井筒八ッ橋のブリキ箱

なんだかバタバタ、あわあわしておりまして、お久しぶりとなりました。

井筒八ッ橋のブリキ容器
八ッ橋が入っておったというのにやられてしまいました。
W116×D167×H28
a0315601_20151662.jpg

a0315601_20152729.jpg

a0315601_20153545.jpg

a0315601_20154751.jpg

a0315601_20155873.jpg

a0315601_20160780.jpg

a0315601_20161555.jpg






[PR]
by onsa-brother | 2014-06-21 20:20 | ・商品

飴釉の飯茶碗

そろそろ本格的に梅雨の様相。

飴釉の飯茶碗 全5客 → 4客 → 3客 → 1客 ありがとうございます。
Φ105~112×H50~55
雨で自然光が足りなくて、写真の色味が実物と違い過ぎてしまって。
a0315601_21493642.jpg

a0315601_21494740.jpg

a0315601_21501058.jpg

a0315601_21502323.jpg

a0315601_21510588.jpg

a0315601_21512191.jpg

a0315601_21515235.jpg

左のと肌の感じが似ていて、色違いのような。
a0315601_21525906.jpg

a0315601_21531561.jpg

a0315601_21533226.jpg






[PR]
by onsa-brother | 2014-06-17 22:09 | ・商品