古もの家具や器、小物などを扱う古道具屋です。近況、最新情報をお知らせします。


by onsa-brother

殺生

昨日の夕方、自宅の庭の椿の木にソフトボール大になったスズメバチの巣を撤去。
美しいマーブル模様。
美しくはあっても、こちらからしてみれば、日々の生活に支障があるのと、
且つそのまま放置しておいては怖いし、
ということで、てめえ勝手なことで遂行したのではあるのです。
翌朝(今日の朝)、小雨の中、撤去後のその付近に3匹のスズメバチが、あるであろう筈の巣を求めて
飛んでおりました。
あぁ、わたしは昨日、こちらの都合で、そして、美と日常を天秤に掛けて、
そして、日常の安全を優先して、殺生をしてしまったのだなと、改めて思い至りました。
巣の張り付いた椿の枝を切り落としたことで出来上がったなんとも云えぬ不自然で小さな空間を、
さも、あれ、おかしいな?、という体で舞い飛ぶその3匹のスズメバチを見ながら、
このハチたちは、この後どうするのだろう?、居るべき場所の無くなって、作るべき家の無くなって、
途方にくれるのだろうか?、今日は、明日は、どう過ごすのだろうか?、と思いました。
わたしは、わたしが、彼らのその状況を昨日のほんのわずかな時間のうちに、
あっという間に一変させてしまったことにいたたまれなくなりました。
それでも、わたしはわたしで、自分の都合で生きていかなくてはならず、
そういった有様にも何か言い訳のような切なさもこみあげてきて、
だけどそれは、薄っぺらな独りよがりにしか思えなくて、
じゃぁ、どうすればよいのだ、と、半ば自分で自分を責め、且つ自身にきれるような気持ちになったり、
息苦しくなり、なんだか、生きてゆくのは本当に辛いものだなと、変に達観した感満載で、
自分で自分を慰めてみる感情が起こる瞬間があったりと、
それに気付くと、自己嫌悪に陥るのみなのです。
あぁ、明日の朝もその付近を飛ぶスズメバチを見かけて、わたしは落ち込むのでしょうか?
昨日をやり過ごし、生きて今日もここいら辺りを飛んでいてくれたのだなと、
少しだけ自身の罪から逃れるように、そんな心もちになって、安心するのでしょうか?








[PR]
by onsa-brother | 2017-06-28 21:47 | ・雑記