古もの家具や器、小物などを扱う古道具屋です。近況、最新情報をお知らせします。


by onsa-brother

3月11日、6年

ここ何日間か、気持ちが落ち着かず、沈みがちであったのは、
今日という日が近かったからなのかと、
こじつけるように、思ったりする。
6年が経ち、わたしのトラウマは、薄らいでいる気がする。
同時に失くしてはならん感情があるとも思う。
例えば、緊急の際に噴出する自我や、エゴの、
ドロドロとした感情の怖さだ。
生命力に乏しいわたしなぞは、そういったものに、
本当に直面したならば、ひとたまりもないのだと思う。
それは、実は、日常の生活の中にも、際立っては分からないだけであって、
見え隠れする事象であったりするのだ。

祝い事やめでたいことの記念日だけでなく、
悲しく、悲惨で、惨憺たる日のことも毎年思い出す、
ということが、
そして、
その時の自身の有様を振り返る、
ということが、
ひとにやさしくなる為の、ひとつの方法であるかもしれないと思う。

記憶が薄れつつも、今年も3月11日がやってきた。
忘れぬように自分なりに記していこうと思う。




a0315601_19571497.jpg

a0315601_19581701.jpg

a0315601_19584445.jpg

a0315601_19591525.jpg

a0315601_19594476.jpg

a0315601_20001490.jpg






[PR]
by onsa-brother | 2017-03-11 20:10 | ・雑記