古もの家具や器、小物などを扱う古道具屋です。近況、最新情報をお知らせします。


by onsa-brother

無題

すべてに合点がいって、
一瞬に解決してしまう、
そういう柔らかい発想があるものだ。
自身の狭い了見のなかでいくら考えておっても、
ブレイクスルーは起きない。
それは、自分が提案したからといって、
他者の意見をフラットに聞く姿勢がなければいかんくて、
いや、これは我が思いついたことだからと、かたくなになっておっては、
それはもうほんとうにつまらん訳で、
おぉ、その手があったかと、感動感謝するくらいではないといかんと思うのだ。
これは俺の考えたモノ、だから抱え込む、ではなくて、
いいものはいい、と素直に感動感嘆、受け入れ、
誰のものでもなく、他者の視線によって改善されたのであれば、
これはよいものになったと喜べばよいのだ。
自分の何かがきっかけ、引き金になったとしても、他者の、
とんでもなく驚くべき視点が、それを更によいものにする。
それを受け入れていく姿勢であることのほうが、
どれだけ、世の中に有益であることか。
変に囲い込んでいくと、それは自身にとってもよくないことである気がするし、
なんかそれ以上面白くなりはせぬなと思うのである。
簡単にいうならば、それは、くまモンのような姿勢が、自身と周りと両方の得、
という感じだろうか。

今日はそれを感じた一日でありました。








[PR]
by onsa-brother | 2017-02-08 20:48 | ・雑記