古もの家具や器、小物などを扱う古道具屋です。近況、最新情報をお知らせします。


by onsa-brother

昆虫箱


梅雨のじめじめとした日が続きます。

あと10日から2週間ほどもすれば梅雨は明けて、今度は脳みそが溶けちまいそうなくそ暑い夏がやってくる、そして子供たちには夏休みが。

小学生の頃、夏休みになると学研の付録だか駄菓子屋だかで仕入れた昆虫採集キットを用いて、とらまえた昆虫の標本作成を何度と試みたが、一度として成功せず。
注射器で採取した昆虫に注入した防腐剤は、いっかな効果を発揮せず、数日後には、ぽろぽろとあえなく無残な姿。庭に撒き散らかして、蟻に進呈。


そして今日のお品、昆蟲箱。

「昭和二年八月採集」とある。
8月の昆虫といえば、カブトムシとかクワガタを思い浮かべてしまうが、抽斗の薄さ深さから察するに、蝶の類とかトンボなぞが美しく納まっていたのだろうか。
標本箱として使わなくなってからは、抽斗内のインク滲みから、どうやら文房具の収納に使用されていたようだ。

sold out ありがとうございました。
約W235×D340(つまみ含)×H220
(残念ながら、A4がぎりぎり入りません。)
a0315601_20300451.jpg

a0315601_20301335.jpg

a0315601_20302038.jpg

a0315601_20302851.jpg

a0315601_20303576.jpg

a0315601_20304258.jpg
抽斗深さ内寸約31㎜×5杯。
ねっ、浅いでしょ?











[PR]
by onsa-brother | 2015-07-08 20:41 | ・商品