古もの家具や器、小物などを扱う古道具屋です。近況、最新情報をお知らせします。


by onsa-brother

ホタルブクロと庭の草花


真剣にやればやるほど、うがった見方をされるというのはどういうことなのですかね?
世の中というものは恐らくそういう風にできておるのだろう。
そんな有様に見える私はすなわちそういったものでしかないのであろうと思う。
だからもっとしっかり突き抜けていかねばと思う訳だ。

大切なひとのひとりのことを素直に大切に思うこと、何ができるわけでないにせよ、
大切に思う、それはいけないことなのだろうか?
心配なものは心配で、いてもたってもいられず、落ち着かず、といったことがそんなにいけないことで配慮のないことなのかな、なんて思う。

想いいっぱいに、会いたければ会いに行き、来たよと言って、笑顔で手を握るのがそんなに無神経なことなのか?
大事なことのひとつは、大事に違いなく、それは誰にうがった見方をされようとも、ふざけんなよこの野郎、でしかなく、大事なものは大事なのだ。

そんな感じ、私だけだろうか?
こんなことでシンパシーを求める私もよわっちくてどうかなと思うのだけれど、
なんのこっちゃさっぱりわからんと思われるのでしょうが、つまりはそういうことなんです。

子供がホタルブクロに蛍を優しく包んでうちに持ち帰るように、私も大事なひとたちを無力であっても、やさしく包みたいという気持ちだけはあるのです。
それではいかんのですかね?


a0315601_21224349.jpg

a0315601_21225544.jpg

a0315601_21231352.jpg

a0315601_21233126.jpg









[PR]
by onsa-brother | 2015-05-27 21:26 | ・風景